中国Weiboの#ハッシュタグ#は、本当に効果ある?九割のアカウントは使い方を間違えている!

ツイッターやインスタグラムでよく見られるハッシュタグ「#」。#をつけることで、たくさんのユーザーが同じことに対する投稿や議論を簡単に検索できる。

中国のSNS「Weibo」もハッシュタグ機能があり、日本系のアカウントにたくさん活用されている。使い方を見ると、日本の観光情報に#日本観光 #日本旅行 #日本 などをつけたりすることが殆どだ。

インターネットでインバウンド系の記事を読んだら、「日本の情報を発信する際に、とりあえず全ての記事に#日本#日本観光#商品名#タレント名なと入れたら効果的」と書いている。

実はそれ、大間違いだ!

そのやり方だと、毎回丁寧につけても、閲覧数も特に上がらないし、効果があると実感できないだろうね。

今回は、Weiboのハッシュタグの特徴と中国で主流の使い方について解説する。

一、Weiboハッシュタグ#の本質を理解しよう

①Weiboハッシュタグ#の間に入る文は、長めのフレーズが非常に多い

Weiboのハッシュタグは、前も後ろも「#」があり、ブルー色で表示され、タップしたら自動的に同じタグが検索される。

上のツイートをよくみたら、##の間に入るのは、「単語」ではなく「長めの文」だ。

Weibo日本のオフィシャルアカウントも、明らかに同じ傾向が見られる。紅白の情報を話しているのに#紅白#ではなく、わざわざ長めの#第71回の紅白は無観客で開催#を使っている。

中国本土の習慣では、ハッシュタグに「日本」「日本旅行」「美食」のような「ビッグワード」は、なかなか使わない。

中国最も人気なゲームのオフィシャルアカウント「王者荣耀」が配信したツイートも分析しよう:

一つのツイートに3つのハッシュタグを使用している:

#王者荣耀新版本#(王者荣耀の新しいバージョン)

#王者荣耀新英雄夏洛特#(王者荣耀の新しいヒーローシャロット)

#王者荣耀S21赛季#(王者荣耀の第21ゲームシーズン)

ところが、最も人気があるはずのワード「王者荣耀」、いわゆるゲームの名前は、ハッシュタグに使われていない。

その理由を掴めば、Weiboハッシュタグの本質をやっと理解できるといえる。なぜ#日本観光 #日本旅行 #日本を使ったら効果がないかも分かる。

②Weiboハッシュタグ#は「ニュースのタイトル」みたいな存在

検索エンジンの「検索ワード」として、Weiboハッシュタグを説明する記事がほとんどだが、その理解は不十分だと考えている。

確かに「検索される」機能もあるが、それよりも、「ニュースのタイトル」みたいな機能がメインだと考えている。

先程の例にあるハッシュタグの内容を、「ニュースのタイトル」にように理解すれば分かりやすい:

#第71回の紅白は無観客で開催#

#王者荣耀の新しいバージョン# #王者荣耀の新しいヒーローシャロット# #王者荣耀の第21ゲームシーズン#

従来のニュースタイトルと違って、一つのツイートにたくさん使用できるのが、Weiboハッシュタグのメリットである。ゲームのツイートにある3つのハッシュタグから、「王者荣耀」が新しいバージョンになり、新しいゲームシーズンに、新しいヒーローが配信されることがひと目で分かる。

いわゆる、Weiboのハッシュタグは「新しい情報を伝える」ために作られている。

③注目すべきWeiboハッシュタグ#フレーズは「热搜」にある

もし「たくさんのユーザーが検索しているハッシュタグ」を利用するなら、毎日のWeibo「热搜」を確認すれば良い。

「热搜」=「热门搜索」の略称、日本語では「人気検索」の意味である。

Weiboアプリの場合、下部メニューにある真ん中の拡大鏡ボタンを選択したら、一番上に「热搜」がある。

「更多热搜」(もっと人気検索を見る)を選択したら、その日の人気検索ハッシュタグページを見れる。更に、様々な人気検索リストがある。

赤いマークの「热搜榜」はデフォルトに表示されるリスト。一分ごとにWeiboユーザーの検索ランキングを更新している。ここは流行っている話題、ニュース、イベント、流行りのネタなど全部混ざっている。

ブルーのマークがあったのは「重大ニュースランキング」。このリストはいま注目されている社会事件・ニュースのみ。娯楽性が低く、真面目な話題がメイン。

ここでは、特定のハッシュタグをつけた全てのツイートの合計閲覧数も確認できる。「○○次阅读」は「○○回閲覧」の意味で、「亿」(億)単位もしょっちゅうみられる。

緑のマークは、議論が熱いトピックである。閲覧数以外に、このハッシュタグはどれぐらいのツイートに使用されたかも確認できる。「○○讨论」は「○○回つけられた」の意味。

Weiboのユーザーが見ている・検索しているハッシュタグは、#日本#日本観光ではなく、これらのリストにあるものと考えたら良い。

以上、Weiboのハッシュタグについていろいろ解説した。それらの情報を理解した上で改めて考えてみよう:

Weiboで#日本##日本観光##日本美食#を検索するユーザーが本当に存在するのか

そもそも、Weiboの情報は「文字数が少ない」「賞味期限が短い」なので、時間つぶしに使う人が多い。特定な疑問や課題を解決したい時はWeiboではなく他のサイトを使う人が多い。

日本人ユーザーも、スペインにいきたい時はツイッターで「スペイン」を検索するのではなく、グーグルやじゃらんを直接利用する。それと同じく、「日本の観光地を知りたい」「日本の美味しいものを探したい」中国人は、ZhihuやWechatでまとめられた記事を検索するや、直接baidu・観光攻略サイトで検索するのが多い。

「#日本##日本観光##日本美食#をWeiboツイートにつけたら、ユーザーがそれを検索して閲覧が増える」そのようなことは、恐らく想像よりも遥かに少ないかもしれない。

二、効果的にWeiboハッシュタグ#を活用する3つの方法

この記事の前半では、Weiboハッシュタグの理解を深めてきた。

実際の運営では、既存のハッシュタグを利用することや自分のハッシュタグを作ることで様々な活用が可能。ここでは、3つの方法を提供する。

①オリジナルハッシュタグで自社の配信内容をシリーズ化

Weiboでは、すでに配信される内容を整理・分類することができない。例えば自治体のアカウントだと、○○県の美食、○○県の風景、○○県の文化など様々な視点がある。百貨店のアカウントも、服装、化粧品、スタッフ動画、飲食フロアなどのテーマがある。

どんなユーザーでも、必ず好き嫌いがあり、自分が好きなテーマについて深堀りをしたいニーズがあるかもしれない。「このレストランが美味しそうだけど、他のレストランに関する投稿もあるかな?」と思う時、Weiboに分類・アカイブ機能がないから、同じテーマのツイートにたどり着くことができない。

でも、オリジナルハッシュタグを作ればそれが実現可能になる。

誰も使ったことのないハッシュタグ文言を作って、自社アカウントのフォロワーが同じシリーズを簡単にたどり着くためのハッシュタグとして運用することだ。

例えば、運動アプリ「Keep」のオフィシャルアカウントには、#運動に関する知識がまた増えた#というハッシュタグがある。二択クイズの形で、運動関連の知識を解説するシリーズだ。

そのハッシュタグをクリックすると、昔の二択クイズが全部まとめて表示されている。

日本系のアカウントの中では、ルミネEST新宿も自社ハッシュタグを作っている。

このようなハッシュタグは、インフルエンサーにプロモーションをお願いする時も活用できるし、時間をかけて大きく育ったら、自らタグをつけて発信するフォロワーも現れる。

例えば、「北海道で食べた一番美味しいもの」みたいなタグで継続的に美食ツイートを発信したら、ユーザーが北海道を訪ねたあとも、それを使って自分の美食体験を配信するかもしれない。

そこで「創作者」と「フォロワー」の相互コミュニケーションという最も理想的な形ができるね。

②人気作品、イベントやキャンペーンのハッシュタグをつける

既存ハッシュタグの活用法として、いま流行っている人気作品を利用するのも良い方法である。特に日本ドラマは、中国でブームになることが多いため要注目だ。

ただ、「今現在流行っている」ことが前提条件。流行りが過ぎていくと効果がなくなる。

例えば、#半沢直樹#ハッシュタグをつけて、銀行やお金の話しをする。それ以外に、ドラマのロケ地、日本企業の文化、スーツや男性靴の着方などなど、様々な視点からドラマとの関係性を作れる。

2020年3月のドラマ#恋はつづくよどこまでも#は中国で半沢直樹以上の人気を出ている。恋愛ドラマなので、どんな配信でも簡単にストーリーとつなげることができる。「甘い恋の気持ちを体験できるデートスポット」のようなテーマでも違和感がない。

そのハッシュタグの閲覧は7.1億、議論しているツイートは20万もあり、かなりの人気があった。

人気作品と同じ感覚で、中国の流行りのイベントやキャンペーンのハッシュタグも利用可能。ダブル11,七夕、ホワイトデーなどのハッシュタグは、イベントの前後に良く使われていた。

流行りのハッシュタグを上手く活用するために、常にアンテナを張って、「中国で日本の何が流行っている?」を問い続けることが必要だ。もし中国語の情報を簡単に手に入れられないなら、プロを常においてあっても良いと考えられる。

③毎日の「热搜」を確認し、適宜につける

「热搜」リストの人気を利用する方法は、運営者の判断によって2つやり方がある。

1つ目は、とにかく人気のあるハッシュタグを自分のツイートつけて閲覧数を増やすこと。内容が関係ないものでも、一応見られる機会を得られる。実際に人気ハッシュタグの詳細を見たら、それと関係ない商品を売っているツイートもあったりする。

関係ないハッシュタグをつけて自分をアピールするツイート

2つ目は、自分の配信と多少関係あるハッシュタグを選んで、文言を少し修正した上で配信すること。下記の事例では、#中国で全国範囲の降水が始まる#タグを活用して、「秋の雨が降れば降るほど寒くなる。これから気温が下がるだろう」の一言を、ラーメンの作り方のツイートに加えて、「寒くなるからラーメンも食べたくなる」連想で自然な露出ができた。

文言の即時修正が困難な時に、日本関連のトピックをそのままつけても良いと考える。なぜなら、日本関連のトピックに関心を持つユーザーは、日本文化・観光に興味があるユーザーに近い。ハッシュタグをつけることで、ターゲットユーザーに読まれるチャンスも増える。

ただ、日本の関する歴史や政治の話し、ネガティブな話しは、ハッシュタグをつけることを避けたほうがいい。

Weiboのハッシュタグ#の特徴・活用については以上となります。

いまだに上手く活用されていない事実もあるが、#日本#日本観光などをつけるより、ハッシュタグを使わないことも一つ良い選択肢だ。

実際、普段のWeiboツイートでハッシュタグ使っていないインフルエンサーも多くいる。必要な時だけに使うことで、配信がキレイに見れる。

ハッシュタグより、配信内容のほうがより大事だ。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中